phobos連絡日記
過去にプレイしてきたネットゲームの友人達と 皆で連絡・報告用にブログを建てようという話になったので開設 運良く見つけられた方はご愛顧よろしくお願いします
プロフィール

phobos

Author:phobos
リンクフリーですが、できれば張る際コメント頂ければ嬉しいです

※11/14リンク整理しました
(1時)休止中の方や閉鎖状態にあるリンクを下方に並び替え、1文字目に「●」をつけてあります。

RFOnline:TAURUSサーバーコラ
細木数子

モンスターハンターフロンティア
和田アキ子

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様でした
思いっきり普段のネタや流れとは関係のない話なので興味ない方は無視して下さい









今日の昼に母方の祖父が死にました。明日が通夜で明後日が葬儀とのこと。
今自分は中国なので御姿をもう見れないまま帰国したら灰になってて墓の中ってわけです。
父方の祖父祖母は小学生の頃既に逝ってて、特におじいちゃん子(おばあちゃん子)
でも密に関係があったわけでもなかったのに加えガキの神経だったせいか当時は
「ああそうなんだ」程度の理解というか記憶しか残ってません。

今回死んだ母方の祖父も特に密に関係を取り合ってたわけではなかった
(徒歩1分の距離に住んではいるがむしろ関係は疎だった、仲は悪くない)のですが、
今の自分にとって「身内の死」ってのは結構動揺しました。

例えばこちらに来る前日に祖母や母に、
祖母・母「もし今日早く帰ってこれるようで家の電気がついてたらおじいちゃんに挨拶して行って」
と言われました。
私「そんな後1ヶ月の命とかじゃないんでしょ?まぁ電気ついてたら挨拶する」
という返事に対して、
母「まぁそうだね」
という母の言葉もあったのでまぁヤバい状態ではないとは思ったのと、
会いに言ったら出張中に死ぬみたいじゃん縁起が悪いって思ったのと、
結局帰途途中で祖母宅見たら電気消えてたので挨拶もなしでしたが、
死ぬとわかってたら電気消えてようが挨拶に行ったのにまぁそんなのわかるわけもなく。

仕事しててガキじゃないのにしきりに小遣いを持ってきて
(持ってきてたのは祖母だったので、祖母の独断だったのか祖父母の意思だったかは不明)
もらった小遣いの一部で好きそうなモン買って嫁に持っていかせるとかしてましたが
繋がりが欲しいのかなー程度に思ってましたが死なれるとその意味というか重みを一層重く感じたり。

家出てネクタイ忘れてる事に気がついて、祖父母宅に行って
ネクタイ貸してくれと言ったのが最後の会話か。。。

とまぁ、対して付き合いがあったわけでもない身内の死なのに
ああしとけばよかった、こうしとけばよかったと後悔が絶えず結構な精神ダメージです。
後悔したところで生き返るわけでもないですし人間いつかは死ぬわけですが
もし死に目に会えてたなら、
「おじいの孫でよかったよ後はバトン受け取って頑張るから安心して死んでいいよ」
ぐらいは言って、そう言われた記憶の中で死んでもらいたかったですね。

せめて死ぬ直前の意識が
「あー、孫共とも大した付き合いもなくつまんねー老後や人生だったなああぁぁ・・・・・・」
ではなく幸せな記憶で逝ってくれてる事を強く望みます。
最期を看取った祖母に、最期の一言が何だったかを聞きたいですがまだバタバタしてるようなので。

実は常々嫁には、
「ちゃんと別れを言ってさよならー で別れられる死の方が珍しいし世の中突然が普通だ。
だからいつ俺が死んでも俺の記憶の最期はまぁ幸せだったと思っといてくれて
サクっと忘れてとっとと新しい男見つけて幸せになっておくれ」
と言ってましたが、まだ私が死んだわけじゃないけど言ってて良かったなーと思ってます。
勿論死なないよう努力はしますが、大地震/交通事故/風呂で道で転んでポックリ等
死ぬときはあっさりですので。





人生ってのは記憶やポリシーや生き様のバトンリレーのようなもんだと思ってます

人間誰しもガキの頃は親に食わされて勉強してるだけ、職場でも最初はペーペーの新入社員で
上司にメシをおごられたり世話をされる側です。
しかしいつかは子供を作って食わす側になり、職場でも立場が上がったり独立したりで
メシをおごったり世話をする側になります。

特に、親に言われることは近親憎悪からか思わず反発してしまいますが、
自分の行動に少なからず忠実に反映されてますし、
痛い目にあった時等も親が「いつか、あの時俺が言ってた事が正しかったと分かる」
といいながらしょっぱく怒られた記憶が思い出されたりと
なんだかんだで一つ一つ忘れず記憶に残ってるもんです。

私の場合、「父方の祖父→父→私」と強い個性が引き継がれていると周囲に多く言われますので、
せめて父が死ぬときは死に目に会って気分良く死ねる一言を言ってやりたいもんですし、
(勿論母の時もですが)
できれば私が死ぬ時もしっかり後継に良いバトンを渡し終わった後で、
「熱いジジイが居たなー」ぐらいの記憶は残されて死にたいですが
まだまだミジンコもいいところなのでもっとイイオトコになりたいです。





とにかくおじいは長い人生お疲れ様でした後は任せてゆっくり休んで下さい
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://imperialage.blog109.fc2.com/tb.php/53-4dcc955d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。